Home
はじめに
沖縄激安ツアー
沖縄激安ツアー
の選び方

観光スポット
定番観光スポット
穴場観光スポット
やんばるスポット
オマケ(牧場)
戦跡
 ├ 戦跡について
遊ぶ・楽しむ
マリンスポーツ
体験ダイビング
島・無人島
テーマパーク
ビーチでBBQ
フリーマーケット
ドライブスポット
レンタルバイク
レンタル自転車
お祭り情報など
食べる・沖縄名産
沖縄そば
ステーキ
話題の店
沖縄旅行マメ知識
雨の日の楽しみ方
台風対策マニュアル
温泉に行こう!
地元スーパーに行こう
レンタカー付プラン
無人島体験記
ワンポイントアドバイス
沖縄が初めての方へ
沖縄は
2回目以降の方へ
沖縄リンク集
お世話になったサイト

旅プラスワン
体験ダイビング・マリンスポーツ・シュノーケル・パラセール・シーウォークなど、沖縄の日帰り遊びを格安で提供!

バケスタ
安くて可愛い水着通販サイト。ヌーブラビーチも格安で提供!
 定番観光スポット
沖縄旅行に行った事のある方で、まず行った事が無いと思われる場所をいくつかご紹介します。
【首里城】

首里城には、琉球王国時代の遺産が沢山展示されています。現在は、世界遺産として文化遺産に登録されていますので、外国人の方の観光客も多いです。
2000円札に描かれている「守礼の門」があります。
守礼の門の前では、民族衣装を着て写真も取れますので、記念に1枚いかがですか?
確か、1枚1000円位だった気がします^^;
首里城は、沖縄戦の時に、アメリカ軍の猛烈な攻撃を受け炎上し、ほぼ完全に消滅してしまいましたので
現在の首里城は、複製されたものです。

【万座毛】

恩納村の観光スポットと言えば、万座毛。
万座毛から眺める、東シナ海は壮大です。
こちらの、象の鼻のような写真は有名ですね。
万座毛に行ったら、こちらを背景に写真を撮りましょう。
思いっきり観光客しても良いと思います♪
【ひめゆり平和祈念資料館】
ひめゆりの塔


こちらは映画『ひめゆりの塔』で有名な資料館です。
沖縄戦の時に、ひめゆり部隊の方々が最後に辿り着いたカマです。
観光では、上からしかのぞけませんが
物凄い崖の下にカマがあり、当時はもちろんはしごや階段なども無い中で、よく女学生がカマへの出入りが出来たものだなぁ。。。と思いました。
資料館は有料(大人300円・高校生200円・小中学生100円)ですがの中に入ると、ひめゆり部隊で生き残られた方の、当時のお話を聞く事が出来ます。
【勝連城跡(世界遺産)】
かつれんぐすく


勝連城跡は、琉球王国時代に最後まで抵抗した有力按司阿麻和利(あまわり)が住んだ城です。
歴代の城主が外交貿易を活発に行い、繁栄を築きました。1458年に阿麻和利が王権の奪取を目指して首里城を攻めたが、大敗して滅びました。
最高所の一の郭から見渡せる、東海岸は絶景です。〒904-2311  沖縄県 うるま市 勝連南風原赤吹原

【平和祈念公園】沖縄平和祈念堂

コチラも、沖縄戦跡では有名なので、
沢山の観光客が訪れます。
激戦地であった一帯の戦没者の慰霊碑などがあります。
国籍や軍人、非軍人を問わず、沖縄戦で亡くなった約20万人の名前が刻まれている平和の礎は
考え深いものがあります。
資料館の前には、旧日本軍の巨大な魚雷4本置いてあります。
【斎場御嶽(知念村)】
せいたぁーうたき

沖縄最高の霊地とされる。
琉球の開びゃく神話にでてくる国始めの七御嶽のひとつに数えられる。
現在は世界遺産に登録されています。
住所 知念村字久手堅サヤハ原
【美ら水族館】
ちゅらうみすいぞくかん

まだ新しい水族館ですので、館内はとてもキレイです。
7メートルのマンタが泳いでいます。
雨の日でも、十分楽しめますが、混雑も予想されます。
ただし、場所が本部町ですので、那覇からは少し距離があります。
今、人気の【ホテル日航アリビラ】に宿泊されると
便利だと思います。
ホテル内では、美ら水族館の割引券も販売されていますので、要チェックです♪

水族館近くには「ウミガメ館」やイルカショーが開催されている「オキちゃん劇場」(入場無料)もありますので
お時間のある方は立ち寄ってみて下さい♪
詳しくはコチラのサイトをご欄下さい。
私の美ら海体験もコチラに記載しています♪
【アメリカンビレッジ】

こちらも、まだまだ新しいです。
沖縄らしい、赤い大観覧車は有名ですね。
多くのアミューズメントスポットや個性的なショップが集まる地元若者に人気のエリアです。
大型スーパーや、レストランや、雑貨屋さん、カジュアルショップなど、個性的なお店が沢山あります。
見ているだけでも楽しめます。
日曜、祝日は、米軍基地が多いので
外人さんのファミリーも多く見かけます。
丸々半日は遊べます。
近隣には、バーベキューも出来るサンセットビーチもありますし、アイスクリームで有名なBigDip北谷店などがありますので、ゆっくり散策して下さい。
【喜屋武岬】きゃんみさき


沖縄戦で米軍が読谷海岸に上陸し、多くの島民や日本兵は沖縄本島を南へと逃げたが追いつめられ、逃げ場を失いこの岬から身を投げたという悲しい歴史の場所です。
あるここは沖縄本島最南端に位置する岬。
東シナ海と太平洋の紺碧の大海原が広がる絶景地。
駐車場は、あるにはあるのですがとても狭いので
混雑時には、結構待たさせるかもしれません^^;
しかし、海の景色は素晴らしいですし、絶壁から真下をのぞくと、沖縄戦で犠牲になられた方々の悲しみが
伝わってくるような気がしました。
訪れる価値はある場所だと思います。


【中城城跡(世界遺産)】
世界遺産の一つです。古琉球時代の象徴とも言える石垣が見事です。
ただ、石の道や階段を長い事歩くので、お年寄りには少々足元が悪いと思います。
城内には、8ヶ所の霊域(遥拝所)があり、現在も拝む人が絶えません。

午前8:30〜午後5:00(6〜9月は午後
TEL 098-935-5719

また、オマケですが城内には廃ホテルがそのまま残されています。
詳しくは、↓番外編に記載しています。
【国際通り】

観光スポットではありませんが、沖縄といえば
やはり、国際道りは欠かせません。
お土産品などを探しに、散歩がてら国際通りを散策してみましょう。
国際通りは、沖縄で一番栄えている通りです。
私は、本通りよりも1本筋を入った「平和通り」が気に入っています♪
国際通り(牧志駅)から徒歩800mの所にある
【第一牧志公設市場】(平和通り)では
098-867-6560
AM9:00〜PM8:00(店舗によって異なります。)
この青い「イラブチャー」という魚が有名です。
ワンポイントアドバイスでも、詳しく説明しています

こんなものも置いてありました(笑)

※同じように、鮮魚をその場で調理してくれる
「おさかなセンター」ウミンチュ(漁師)のレストランが
本部町(美ら水族館の近く)の道の駅にもあります。
このページのTOPへ▲
 穴場観光スポット
上で紹介した、定番観光ポットは、ほとんど行った事があるので、穴場は無いの?という方に♪
【久高島(知念村)】
私がとっても大好きな場所です。
知念(ちねん)半島の小さな島です。
琉球開びゃくの祖アマミキヨが天から降りて最初につくったとされている島で、五穀発祥の地、「神の島」と呼ばれています。
また、歴代の琉球国王は久高島参詣を欠かすことはありませんでした。
12年に一度のイザイホーという奇祭が有名です。
南部の安座間港から出ているニュー久高に乗れば約15分で久高島に到着。料金は片道740円。
後は、少し割高になりますが
往復で
大人2800円 子供1400円 小学生以下無料
知念海洋レジャーセンターから、随時ボートで送迎してくれます。

珊瑚の砂で舗装された道をレンタルサイクルで走るのもとても気持ちが良いですよ♪

ここの写真は、島唯一のレンタル自転車屋さんの「たまき」ですが
貸し出してくれる自転車は、ちゃんとしたママチャリですよ(笑)
子供用もありました。料金は、ハッキリ決まっていないみたいですが^-^;
私たちは2台2時間で1000円でした。
北部に行くと、トイレや自動販売機など一切無いので
港にある売店で準備して行って下さい。
本当に、自転車で走るだけですが、これがまた景色や風が心地よくて
素晴らしい経験が出来ると思います♪
自転車で、島1週のんびり散策しても2時間位です。
歩いてる方もいらっしゃいましたが
徒歩では、結構大変だと思います^-^;

余談ですが、男性は『御嶽』に行くのは遠慮した方が良いかもしれません。
島にあるもの(貝殻・珊瑚・植物)なども決して持ち帰ってはいけないらしいです。
とにかく、信仰の深い島なのです。
【もとぶおじぃの自然案内】

本部町の美ら水族館、エメラルドビーチの近くにあります。
カヌー体験や、カルスト山登り、農業体験など
貴重な体験が沢山出来ると思います。
カルスト山とは、2億4千万年の古い石灰石が、長い時間をかけて、雨風邪に溶かされて出来た、小さな山です。
男の子は、こういうの好きだと思います。
実は、私はまだ体験した事が無いのですが^^;
農業体験では、さとうきび収穫体験が出来るようです。
※農業体験は、季節によって内容が変わります。
【フクギ並木を案内する水牛】

沖縄で、水牛と言えば「竹富島」が有名ですが
←の施設の近くでも、ふくちゃん(笑)という水牛が
フクギ並木を案内してくれます♪
竹富島まで、足を運べない方も多いかと思いますので
ぜひふくちゃんに案内してもらいましょう。
料金も、良心的で
20分 大人500円・子供300円です。
お問い合わせは
TEL.090-1941-9291

余談ですが、近くには「沖縄そば」の美味しい
コッコ食堂がありますので、立ち寄ってみて下さい。
ココの地鶏黄金そばは、とても美味しいです♪
【オリオンビール工場見学】

沖縄のビールと言えば、
オリオンビールが有名ですね。
オリオンビールが出来るまでを見学する事が出来ます

〒905-0021
名護市字東江2-2-1
工場見学予約電話
0980-54-4103 ※電話にて要予約
見学時間 30分
(ライン見学15分/ビデオ鑑賞・試飲15分)
見学が終了すると、ビールの試飲が出来ます。
お子様や、車で行かれた方は、ビールは飲めませんので^^;
変わりにジュースが貰えます。
オリオンビールの缶の貯金箱も、お土産で貰えます。
雨の日でも楽しめるかと思います。
【バンヤンタウン】

大きな木がシンボルマークの、レストラン街です。
まだまだ2000年にオープンしたばかりなので
訪れた人も少ないかもしれません。
那覇市奥武山町46 098-859-9531
国際通りから、車で5分、徒歩20分位です。
モノレールでしたら、壷川駅から5分、
バス利用でしたら公園前バス停下車5分位です。
58号線沿いにありますので、
すぐにわかるかと思います。

サイト内には、お得なクーポン券もありますので
行かれる方は、パソコンで印刷されるか、携帯電話に保存するか選べますので、ぜひお役立て下さいね♪
【沖縄宇宙通信所】

ココまで来ると、結構マニアかもしれませんが・・・(笑)
展示室では、「ひまわり」の受信画像、人工衛星の軌道解説装置、放送衛星(BS)「ゆり」を開発する際に製作された試験機の実物などが見学できます。
ロケット打ち上げ場面、宇宙開発に関するビデオ、アニメなどの視聴が可能な「ビデオルーム」や、宇宙関連図書が自由に閲覧でき、宇宙開発について楽しく学べる「宇宙情報ルーム」などもあります。
見学は無料ですし、年中無休ですので、雨の日の遊び方としては、面白いかと思います。

開館時間 午前10:00〜午後5:00
〒904-0402
沖縄県国頭郡恩納村字安富祖金良原1712
TEL 098-967-8211( 国道58号線、案内標識あり)
【残波岬いこいの広場】

沖縄県中頭郡読谷村字宇座1861番地(水曜休)
098-958-0038
ローラースケート場や、スポーツ広場があり、ミニ動物園もありますので、お子様連れの方は楽しめるかと思います。
バーベキュー(BBQ)も出来ます。※材料持込不可

【金城ダム】

首里駅から徒歩15分
沖縄県那覇市繁多川4-553-2 金城ダム管理事務所 098-885-5210
住宅地の中心に巨大ダムがあります。
が・・・周囲に人が全然居ませんでした^-^;

【伊江島】

カーフェリー(本部〜伊江間)本部港から30分
本部発着(往復) 大人1110円 子供560円

伊江島では、マリンスポーツやダイビングも出来ますし
ゴルフも出来ます。
沖縄戦でも、約3500名もの方々がが犠牲となり
公益質屋や戦争中の生活品や遺品、米軍の銃弾など、戦争を記録する反戦平和資料館のヌチドゥタカラの家などの、戦跡も数多く残されています。
城山登山(と言っても、徒歩10〜20分位ですが)
頂上からは、伊江島が全出来ます。
丸々1日、伊江島で過ごしてみるのも、
なかなかの沖縄通だと思います。
レンタルサイクルも出来ます。
TAMAレンタサイクル 0980-49-5208
三葉レンタサイクル 0980-49-2039
【金武町の観光】

金武町は、沖縄本島のほぼ真ん中に位置します。
あまり大きな観光施設が無いので
訪れる方も多く無いので、穴場だと思います。

那覇から国道で行く場合は(約90分)
那覇→国道58号線→恩納村 仲泊(なかどまり)→県道73号線→石川→国道329号線→金武
高速道路で行くには(約45分)
那覇インターチェンジ→金武インターチェンジ
バス利用の場合は(約120分)
沖縄バス 77番、琉球バス 21番

恩納村からは約15分で行けます。

マングローブ林もあり、金武鍾乳洞と言って
古酒作りに適していますので、全国から8000本以上のボトルを預かっているようです。
洞内の見学は9時から5時まで、
観音寺境内の茶屋に声をかけてください。
新開地も有名ですね。
キャンプ・ハンセンゲート前の飲食街です。
ウォールアートの町並みや、タコライスなどのユニークな食文化が楽しめます。
意外と地味ですが、十分沖縄を楽しめると思います。
【波の上ビーチ周辺散策】

唯一、那覇市にあるビーチです。
ビーチ自体は、そんなに大きく無いのですが
周辺を散歩がてら散策してみるのも面白いかと思います。
昭和の時代をそのまま感じさせてくれるスーパーや
沖縄そば屋もあります。
国際通りなどで、お土産を買うのも良いですが
意外と、地元のスーパーでお土産を買うのも良いと思います。
結構、お土産としても喜ばれる商品が沢山売ってます。
オマケに・・・安いんですよ^^;
私は、大体旅行の最終日、フライトまでま時間に
ココを訪れる事が多いです。
〒9000031  沖縄県那覇市 若狭 1
【おきなわワールド 玉泉洞】

ココは、南部にあるテーマパークです。
有名な鍾乳洞や、
毎日開催されているエイサー(沖縄の踊り)が楽しめる他、にしきへびを首に巻いて写真が撮れたりします@m@;


↑の白へびの方は1000円で、
↓のへびは無料で撮影出来ます。
ちなみに、私は怖いから嫌だったのですが
白へびの方は「金運UP」と言われ(笑)
恐る恐る首に巻いてみました>0<
正直言いますと、人肌の体温でかなり気持ち悪かったです(笑)
でも、良い思い出になりました^m^;
このページのTOPへ▲
 沖縄北部(やんばる) PICK UP
2泊や3泊では、なかなか北部の方まで足を運べる方も多くは無いと思いますが
沖縄本島の本部から北は「やんばる」とよばれる森林地域で、珍しい動植物の宝庫です。
ほとんど開発されていません。

【比地大滝(国頭村)】

キャンプ場から、歩く事40分・・・
大きな滝が現れます。
遊歩道を歩いてると、吊り橋があったり、とおせんぼする木があったりするので、退屈もしないんですけどね。
キレイな空気の中を、歩いてみるのも
なかなか楽しいと思います。
マイナスイオン、大放出です(笑)

国頭村字比地 0980-41-3636(比地大滝管理事務所)
8:00〜17:00 (9月から4月は8:00〜16:00)
キャンプ施設あり
【辺戸岬】 

沖縄本島最北端の岬です。
辺戸岬レストハウスでは、冬〜春にかけて
ザトウクジラが見れる事もあるようです。
しかし、こればっかりはクジラの気分次第ですからね・・・^^;
運が良ければ、クジラを眺めながらお食事が出来ますよ。
双眼鏡も、無料で貸し出ししてくれます。
ココでクジラを見れれば、ホエールウォッチングに行く必要が無くなりますね(笑)
ホエールウォッチングに高いツアー代を支払っても
クジラに会えない事も多々あるようですし・・・
【ター滝(大宜味村)】

こちらのコースでは、リバートレッキングと言って
川の水をざぶさぶ30分位歩いて、ター滝を目指します。
一番深い所では、大人でも太もも位まで、川の水に浸かりますので、濡れても良い服装で出かけて下さい。
また、途中にもがけをのぼったりしますので
サンダルなどでは、無理だと思います。
亜熱帯ジャングルの探検!という言葉がピッタリです。
男のお子さんは、大喜びだと思います。
お母さんは大変だと思いますが・・・(笑)
【東村・慶佐次ふれあいヒルギ公園】

ココは公園なのですが、マングローブ林の中に遊歩道が設置されているので、歩いてマングローブをゆっくり楽しむ事が出来ます。
カヌー体験なども出来ますが、私たちは遊歩道を散歩しただけでした。
でも、カニや見たことの無い生き物が見れて楽しかったです♪

※余談ですが、やんばるを楽しむ為には
那覇市内滞在ですと、かなり時間のロスになりますので、やんぱるでキャンプをするか
JALプライベートオクマや、本部地区に宿泊される方が良いでしょう。

 番外編
沖縄にも牧場があります。
小さなお子様連れでも、十分楽しめるかと思います。
牛の乳搾りや、バター手作り体験も出来ますので、ぜひ行って見て下さい。
大宜味村(おおぎみそん)
『きゆな牧場』


絞りたての牛乳を使ってアイスクリーム、
バター、ミルクモチなどを作るもので、
プログラムの合間には牛やヤギ、
馬たちとふれあうこともできます。

沖縄県大宜味村字津波1971-194
0980-44-2170
ユートピア牧場

本部町伊豆味3360ー2 0980-47-6216
国道58号線、白銀十字路より→県道84号線→県道123号線
11:00〜17:00
乗馬体験に加え、牛の乳搾り体験があり、自分で絞った新鮮な牛乳を味わうことができます


 もっと番外編

【中城城跡内(廃墟ホテル)】
世界遺産の一つである、中城城跡ですが、城内に入り奥へ奥へと歩いて行くと、このような廃墟が見え来ます。
立ち入り禁止だとは思うのですが、特に注意書きも無く、看板などもありませんので、中に入っていく方もちらほらいらっしゃいました。
ただ、中に入るとガラスの破片などが散乱していますので、お子様やお年寄りは、入らない方が・・・というか入っては危険です。
もちろん、電気もありませんので奥に行くと真っ暗です。
噂によると、沖縄の若い方達のきもだめしスポットになってるらしいです(苦笑)
でも、このホテルは営業せずに閉鎖してしまったようなので、実際はいわく付きでは無いと思うんですけどね^-^;



 
中は、こんな感じになってます。
バーカウンターや、客室、調理場などもそのまま残されていました。結構広いです。
修学旅行の学生さん達も沢山いましたので、噂になってるのかもしれませんね^-^;
ただ、写真を見て頂ければわかると思いますが、ガラスの破片が散らばってますので
廃墟内入るのはオススメしませんが、どうしても入りたいという方は、自己責任でお願いします。
^人^;
このページのTOPへ▲