Home
はじめに
沖縄激安ツアー
沖縄激安ツアー
の選び方

観光スポット
定番観光スポット
穴場観光スポット
やんばるスポット
オマケ(牧場)
戦跡
 ├ 戦跡について
遊ぶ・楽しむ
マリンスポーツ
体験ダイビング
島・無人島
テーマパーク
ビーチでBBQ
フリーマーケット
ドライブスポット
レンタルバイク
レンタル自転車
お祭り情報など
食べる・沖縄名産
沖縄そば
ステーキ
話題の店
沖縄旅行マメ知識
雨の日の楽しみ方
台風対策マニュアル
温泉に行こう!
地元スーパーに行こう
レンタカー付プラン
無人島体験記
ワンポイントアドバイス
沖縄が初めての方へ
沖縄は
2回目以降の方へ
沖縄リンク集
お世話になったサイト

旅プラスワン
体験ダイビング・マリンスポーツ・シュノーケル・パラセール・シーウォークなど、沖縄の日帰り遊びを格安で提供!

バケスタ
安くて可愛い水着通販サイト。ヌーブラビーチも格安で提供!
 はじめての沖縄旅行の方へワンポイントアドバイス

沖縄旅行が初めての方へのワンポイントアドバイスです。
沖縄旅行の日程は、2泊3日か3泊4日位の計画を立てられる方が多いと思います。
2〜3泊の沖縄旅行で、すべての観光地を巡るのは、正直少々厳しいかと思いますので
まずは、有名所の観光地を訪れる事をオススメします。
宿泊先や、飛行機のフライト時間によっても、滞在時間が限られているので
まずは、訪れたい、やってみたい事をいくつか厳選してから、滞在期間内で予定を組んでみましょう。

2泊3日の場合は
1日目は、飛行機の到着時間にもよりますが
首里城、ひめゆり平和祈念資料館(ひめゆりの塔)平和祈念公園などの南部中心の定番観光スポットは
半日あれば廻れるでしょう。
時間に余裕のある方は、戦跡でしたら「旧海軍指令壕」も近くにありますので、立ち寄ってみて下さい。

※余談ですが、もし行きたい戦跡がある場合は、1日目に行ってしまう事をオススメします。
感じ方や個人差にもよりますが、戦跡を巡ると色々感じる事も多いですし
思う事も多くなりますので、気分が少し沈みがちになります^^;
私の場合は、1回の沖縄旅行で戦跡を訪れるのは1日目だけにしています。
1日目に巡るのと、帰る直前に巡るのとでは、沖縄旅行のイメージがだいぶ変わってくると思いますからね。。。

2日目は、観光でしたら万座毛やアメリカンビレッジ、もしくは美ら海水族館などがある
本部の方を中心に廻ると良いでしょう。中部中心
本部は那覇市内、那覇空港からは少し距離がありますので、
最終日だと飛行機のフライト時間が迫ってしまうので、ゆっくり廻れなくなる事もありますので、丸々1日かけて観光しましょう。
中部でしたら、テーマパークの「琉球村」などもありますし、万座周辺でもグラスボートなどに乗れますので
観光する所には困りません。
本部の方も、一昔前は本当に何も無い所でしたが
ココ数年で、急激に色々な施設がオープンしていますので、遊ぶ所も沢山ありますし
思い切って「伊江島」「みんな島」に渡ってみるのも面白いと思います。

3日目は、帰りの飛行機の時間にもよりますが、
あまり那覇から離れてしまうとバタバタしてしまいますので
お土産を探しがてら、国際通りを散策したり、那覇市内で唯一のビーチの波の上ビーチ辺りを
ぷらぷらお散歩してみるのも良いかと思います。
お時間がある方は、泊港近くにある簡保レクセンターで、
のんびりお風呂に入るのも良いかと思います。
飛行機の便が遅めの場合は、3日目も結構時間がありますので
伊計島に向かう途中の海中道路をドライブするのも、良い思い出になると思います。

他にも、有名観光スポットやドライブスポットも
コチラのページで詳しく記載していますので、参考にしてみて下さい♪

また、マリンスポーツや体験ダイビングをお考えの方は、お天気にもよりますが
2日目に予定を組む事をオススメします。
マリンスポーツやダイビング、スノーケリングなどを楽しむ場合は、ほぼ丸々1日かかりますからね。
後は、ダイビングをした日のフライトは、気圧の変化の関係で
ショップから断られる場合もありますが、体験ダイビング位なら大丈夫なような気もしますが
こちらも、各個人の体調次第ですので、不安でしたら最終日の体験ダイビングは止めておいた方が
良いかもしれません^^;
ちなみに、私の場合は1日2日目に雨が降ってしまい、3日目にやっとお天気に恵まれたので
最終日の3日目に体験ダイビングをした事があります。
帰りの飛行機では、疲労もピークに達してずーっと寝てました(笑)

3泊4日の場合でしたら、ダイビングは2日目か3日目のどちらかに予定を組むと良いでしょう。
体験ダイビングの場合は、少々の小雨でしたら中止にはならない事が多いです。
でも、天気が良い方が海水もキレイですし、魚達も沢山見れますけど。。。
このページのTOPへ▲
 沖縄は2回目以降の方へワンポイントアドバイス
沖縄旅行が2度目、3度目・・・・
もっともっと沖縄を楽しみたいという方へのワンポイントアドバイスです♪
もう、上記の観光スポットは行ったよ!という方に、少し違ったオススメ観光スポットを紹介します。

3泊4日の場合
1日目は、やはり到着する時間にもよりますが戦跡を巡るなら
少しヘビーですが・・・南部にある糸数壕辺りを訪れてみてはいかがいしょう?
沖縄本島南部は、沖縄戦でも激戦地だったので、戦跡も多く残されているのが特徴です。
近くには、健二の塔や白梅の塔など、あまり知られていない戦跡も多くありますので
ご一緒に訪れてみるのも良いでしょう。
戦跡には行かない。と言う方は、1日目は知念村の方に足を運んでみるのも良いでしょう。
空港から近いのですが、万座や北谷周辺に比べると観光客は少ないです。
知念村には、世界遺産の一つでもある 斎場御嶽(セーファウタキ) もありますし
知念レジャーセンターもあり、グラスボートも運行しています。
ビーチハウスもあり、シャワーやロッカールームも完備されています。
知念半島の海も、とってもキレイですよ^^
知念方面に向かう町並みも、まだまだ開発されていないので、
昔の沖縄の雰囲気がそのまま残されています。

2日目3日目には、1日かけてマリンスポーツや体験ダイビングを楽しむと良いでしょう。
出来れば、ナガンヌ島などの無人島に連れてって貰えるツアーや
みんな島などの離島でのダイビングを楽しんでみて下さい。
本島の海よりも、さらに海水にも透明度が増しますし、魚も沢山見れます。
40cm位ある魚も、たくさん泳いでいますよ。
ダイビングやマリンスポーツはやらないよ!
という方は、やはり日帰りで行ける離島を訪れてみましょう。
私が好きなのは、知念レジャーセンターから船に乗って行く
久高島(神の島と呼ばれています)に行って、少々古めですが^^;
レンタルサイクル(自転車)を借りて、珊瑚の砂で舗装された真っ白な道路を走るのが気に入っています。
ココの島は、昔の沖縄の雰囲気がとてもよく残っている島だと思います。
久高島の詳しい解説は、コチラに掲載しています。
同じく、知念レジャーセンターから船で行く無人島のコマカ島もオススメです。
マリンスポーツも出来ますが、ココも海水の透明度が高いので、
波打ち際でも魚が沢山泳いでるのが見れます。
夏場は、キャンプをする方も沢山いらっしゃるようですし、バーべQも出来ます。
キャンプ・バーベキュー可(問/098-948-3355)トイレ・シャワー有り
丸々1日かけても足りない位楽しめますよ。

また、ビーチにも行かないよ!
という方は(いらっしゃいますかね?^^;)
思い切って、パラグライダーなどのスポーツにチャレンジしてみるのも良いかと思います。
⇒沖縄パラグライダー&パラセール 実施店一覧
(パラグライダー&パラセーリングは4歳〜可能です♪)
もちろん、ベテランのインストラクターが同乗してくれるので、はじめての方でも安心して
大空を飛ぶ事が出来ます。
ただし、パラグライダーは、風が強いと中止になる事が多いので
事前に、お天気のチェックをお忘れなく!
ダイビングも神秘的な世界に触れ、世界観が変わるりましたが
こちらの、パラグライダーも素晴らしい経験になりました。

後は、1日かけて、やんばる北部地区に足を伸ばしてみるのも良いでしょう。
ター滝を見に行くツアーは、なかなかサバイバルな体験出来るかと思います。
濡れても良い格好で行って下さい。
北部地区のオススメスポットやター滝の詳しい説明はコチラに記載しています。

さて最終日の4日目は帰りの飛行機の時間にもよりますが
やはり南部〜中部を廻った方が良いと思います。
本部まで行ってしまうと、道路渋滞などに巻き込まれてしまうと、大変慌しくなってしまいますからね。
そこで、私がオススメするのは、伊計島に向かう途中にある
浜比嘉島です。
意外と知られていないのですが、ココも神の島と呼ばれていて、観光客もとても少ないです。
アマミキヨとシネリキヨの居住跡といわれるのがシルミチュー霊場である【シルミチュー霊場】
琉球の祖神アマミキヨ、シネリキヨの二神をはじめとする神々が祀られている【アマンジ】があります。
神の島と呼ばれる理由が、行けばわかるかと思います。
それと、浜比嘉島にある浜の人工ビーチが海水の鮮明度も高くとてもキレイです。
波もおだやかで、現地の方の憩いの場になっています。
釣りも出来ますので、釣り好きの方にもオススメです。
屋慶名釣具店 電話098・978・4656

本島とは思えない位おだやかな場所で、私はとても気に入っています。
途中、海中道路も通りますので、車を止めて遠浅の海に下りてみるのも良し!
レンタルサイクルを借りて、自転車で走ってみるのも気持ちが良いです♪
海中道路で平安座島に渡り、また橋を渡ると、車で渡れる離島、浜比嘉島に行くことが出来ます

後は・・・サイト内でも穴場のスポットや戦跡、テーマパークなど紹介していますので
滞在日程、時間に合わせて、色々予定を組んでみて下さいね。
このページのTOPへ▲